丹羽靭負(にわゆきえ)医学博士のご紹介です

     

土佐清水病院院長/丹羽免疫研究所所長 丹羽 靭負
昭和37年京都大学医学部卒業。医学博士。活性酸素とSODの研究を、臨床家として国内はもちろん、世界的にも最も早くから(1970年代より)手がけ、この分野の研究の世界的権威。SOD等の生体防御の研究論文が、”Blood”を始めとする著名な英文国債医学雑誌につづけて発表され、その数は、50編を超す。国際医学専門誌(Biochemical pharmacology)への投稿論文の審査員でもある。国内では、ベーチェット病やリウマチの治療・研究に長年従事し、また、これら難病の治療に関して、特殊なSOD製剤をフランスのMichelson博士より譲り受け、また、自身でも天照石を使い、SOD様作用食品などの抗活性酸素剤や、抗癌剤を自然の植物・穀物より開発し、大きな治療効果をあげている。また、世界に先駆け、遠赤外線の人体への効果を、水、動物、人体などの全体の変化だけでなく、人体の細胞レベルでの生理・生化学的変化の検索をおこない、内外の医学専門誌で発表している。2000年12月、特殊治療に関しての厚生省認可を受けた。


アトピーも,生活習慣病も「活性酸素」が原因だった!

                      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

活性酸素が関わる疾患・・・・・あらゆる病気の90%以上
@血管系疾患:血液の老化・動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中・脳梗塞
   ※SOD様作用食品の特徴の一つが、血管壁に付着して血管を細くする
   過酸化脂質の除去です。そのため、脳・心疾患の予防・治療に有効です。
A内科系疾患:癌・糖尿病(白内障)・肝炎・腎炎・胃潰瘍・腸管潰瘍・性欲減退
   ※癌の予防・治療には、丹羽博士が開発した天然SOD製剤が
   癌治療に革命的な変化を起こす、としています。
B皮膚科系疾患:アトピー性皮膚炎・シミ・ソバカス・シワ・肌荒れ・火傷
   ※アトピー性皮膚炎の99%は「活性酸素の除去」で治癒するそうです。
C特殊な疾患:膠原病・パーキンソン病・ベーチェット病・川崎病・関節リュウマチ・レイノー病
Dその他:一般の炎症(花粉症、鼻炎)・冷え性・肩こり・便秘・疲労・二日酔い

★この活性酸素を消去するのがSODです。丹羽療法は「SOD療法」とも呼ばれています★


丹羽先生は土佐清水病院の院長を務めながら、全国の患者さんを診察するために毎月数回、各地の診察所を回診しています。
丹羽先生の診療所は全国に10ヶ所あります。
〜札幌市、新潟市、横浜市、小松市、名古屋市、京都、大阪市、倉敷市、高松市、福岡市〜
診察ご希望の方は下記リンクより「土佐清水病院ホームページ」を開き、「ご相談及び診察について」をご覧ください。


土佐清水病院ホームページ →

アトピー、癌、難病に立ち向かう丹羽療法の真髄がここに!




     369・みろく
     〒085-0007 北海道釧路市堀川町5番38号
     TEL・FAX 0154-23-5551  
     E−MAIL miroku@kctvnet.ne.jp